一覧ページ

【沖縄グルメ】那覇市久茂地「三丁目そば」早い!安い!美味い!の沖縄そば

県内に数多くある沖縄そば屋。

そんな地元のソウルフードである沖縄そばは、沖縄県民ならひいきのお店の1軒2軒は持っているものです。

そんな中でも数多くのファンを持つここ三丁目そば。少しでも魅力が伝われば良いと願い、ご紹介です!

_DSC0316

【店名】三丁目そば

【住所】沖縄県那覇市久茂地3-26-1

アットホームで王道な、これぞ地元の沖縄そば屋

入って早々ありがとう、食券機にセルフサービスコーナー。

_DSC0322

_DSC0321

_DSC0323

これです。これ。

IMG_2285

なぜか沖縄アイデンティティはここに安らぎを感じてしまうものです。

早い!安い!美味い!で人気の三丁目そば

三丁目そばのスープはカツオとトンコツのブレンド。

あっさり優しいカツオベースに、コクを深めるトンコツスープの強力タッグです。

そして麺は、県内の名だたる麺店に卸している与那覇食品のものを使用。それも種類を選べるこだわり。

スープと良く絡むストレートの普通麺と、コシが強くもちもちの生麺から選ぶことができます。

ナンコツソーキそば(380円)

_DSC0337

まずこの値段!380円!安くて美味しい沖縄そば屋が集まる那覇市内でも、屈指のお得感です。

_DSC0349

それでもって味も間違いなく美味い。量もある。

ナンコツソーキは柔らかく赤ちゃんでも食べれるんじゃないかと思うほどトロトロ。

こっちから値段を上げることを提案しそうになるくらいの味です。

写真はストレートの普通麺を使用しています。

三丁目そば(650円)

_DSC0355

こちらはナンコツソーキに三枚肉・茹で野菜が乗った完全版。

_DSC0360

ショウガが効いた甘旨の三枚肉に、スープにまで溶け出た茹で野菜の旨み。

いろいろなエキスが結集しています。

写真はもちもち生麺を使用しています。

三丁目そばの肉丼(250円)

IMG_2284

これまたボリューム満点でコストパフォーマンス抜群!

柔らかくなったナンコツのトロトロくずれ肉を、

特製ダレで味付け。

そして安らぎと楽しい時間を与えてくれるお店の方々!

王道の沖縄そば屋さんに付きものなのが、明るくて優しいお母さん!

しかしお母さん、照れて照れて、僕が何度口説いても正面からの写真を撮らせてくれません!

仕込み中の様子を撮っていますが、向こうのステンレスで反射して少しでもお顔を紹介できないものかと企みましたが、

やはり少しむずかしかったようです・・・

IMG_2282

_DSC0333

このアットホームさは何なんでしょうか。とても居心地が良いです。

そして僕はこの手の沖縄そば屋さんに来ると、「です」「ます」を使わないのが流儀。

会話も楽しいお店の方との時間。これは気が付くと通ってしまっているパターン確定でしょう!また行きますね~

地元客に愛され、県外からいらした方にも口コミでも伝わるほどの人気の三丁目そば。

お昼前から夜も遅くまで開いているので、食べたい時はいつでもそこには三丁目そば。

【沖縄グルメ】那覇市 鮮度抜群 海鮮居酒屋 久茂地

那覇市久茂地にある、その名も「海鮮居酒屋久茂地」
この冠を模した堂々たる立ち姿。
1985年創業の老舗は、その老舗たる由縁を感じることができるお店でした。

IMG_2326
【店名】海鮮居酒屋 久茂地
【住所】沖縄県那覇市久茂地3-29-23

居心地の良い、という言葉を具現化したかのような店内

店内は琴の音が流れる落ち着いた雰囲気。
IMG_2294

奥に進むと畳間の個室もあり、
IMG_2320

連結させて大人数の宴会にも使えます。
IMG_2313

店内入口横にも屋外のお席を用意。
開放的な気分で思い思いの時間を過ごすことができます。
IMG_2333

鮮度抜群の沖縄近海魚や県産食材を使った料理の数々

長年信頼の仲買人から仕入れる沖縄近海魚は鮮度抜群!
IMG_2304

海鮮をはじめとした様々な料理でもてなしてもらえることができるお店です。

近海魚の刺身盛(2100円)
IMG_2361
その日の旬のものを揃える刺身盛り合わせ。よって毎日変わります。
この日は、マグロ・カンパチ・アカマチ・ミーバイ・島タコ・シャコ貝。
海鮮居酒屋の冠の通り、どれも直送で鮮度抜群。
この厚さ、他店の2倍はある切り方でしょう。
ゆえに、素材の美味しさを口の中で倍以上堪能できます。
飾り包丁も随所に入り、見た目も楽しいです!

海ぶどう(530円)
IMG_2343
はじけにはじけるプッチプチの新鮮海ぶどうを甘酸っぱい特製ゆずドレッシングで。
シークヮーサーを搾ると沖縄コンボでより爽やかな味わいに!

てびち・おでん風(580円)
IMG_2348
おでん風に10時間煮込まれたそれは、見ての通りもちろんトロトロです。
思わず「うま~」という言葉が自分でも驚くほど見事にこぼれてしまいました。
てびちの魅力を最大限に引き出していると言いきっても良いでしょう!
このエキスが溶け出たおつゆも全て飲み干したい!

その他、味が染み込んだ自家製おでんも用意してあります。
沖縄とりわけ那覇は、おでん文化が根付いていますよね。
ここでも美味しいおでんが味わえますよ。
IMG_2303

海鮮居酒屋久茂地、此処に在り!

海鮮居酒屋久茂地は、1985年創業の老舗。
もうまさに「久茂地の中の久茂地」であり、風景であり、久茂地を背負っているという貫録さえ感じます。
何を食べても美味しい本物の沖縄料理と落ち着く店内でゆっくりと素敵な時間が楽しめます。

IMG_2375
地元の方に長く愛され、県外のお客さんにも喜び親しまれる。
威風堂々とした凛とした佇まいのこのお店に貴方も是非。

琉球食king Eilly

_DSC0149

那覇市一銀通り、ほとんど国際通りに面したところに、長い間地元客や観光客に愛されているお店があります。 琉球食King Eillyです。 【店名】琉球食King Eilly 【住所】沖縄県那覇市牧志1-1-4

開放的で、ステージに分けられた独特のレイアウト

ここ琉球食King Eillyは2006年に開店。 母体は県民の幅広い年齢層からおなじみのCLUB Eilly。 店内はそれを彷彿とさせるディスコミュージックが流れています。 ドアがなく、道路とつながった開放的な店内。 IMG_0675 特にたくさんの交流があるというカウンター席。 IMG_0673 奥に進むと隠し部屋風の半個室もあります。 IMG_0679

自信があります!料理の数々

ゴーヤーチャンプルー(600円) IMG_0620 大き目の島どうふに厚めのゴーヤ。 厚めながらもしっかりにがみを取ってるので食べやすい! ポークもしっかりチューリップ。やっぱこれです! 自身があり過ぎて、「これがまずかったらお金いらないです!」国際通りでも声掛けに使う一品です。 自家製マルゲリータ(900円) IMG_0648 生地から何から全て自家製のピザ。 特製ピザソースに相性抜群のプロセスチーズを刻んで入れ、 ペッパーとバジルを散りばめました。 グルクンの唐揚げ(480円) IMG_0635 これを頼んでおけば間違いない王道の沖縄料理。 骨が気になるグルクンですが、最初から切られているので食べやすい。 背骨もパリパリに揚げてくれているので、骨せいべいのように全部食べられます。。 ラフテーチャーハン(780円) IMG_0656 泡盛を多めに使用した煮込みダレで柔らかく甘く仕上げたラフテーが乗った、 葉っぱ系の野菜だけでもレタス・サニーレタス・水菜を使用したパラパラチャーハン。 タコストルティーヤ(680円) IMG_0597 シーザーソースとサルサソースをミックスさせたソースが、2段階の深みで口の中に広がります。 タコスミート甘辛さと、チェダーチーズとまろやかさで、掛け算のような味わいです。 自家製ジーマミー豆腐(380円) IMG_0629 原料であるピーナッツをトッピングしている遊び心あるジーマミー豆腐。 プリップリの弾力ある食感に甘めに仕上げたタレが絡み合います。 ピーナッツそのものの風味も効いています。 そのほか沖縄料理を中心とした、選ぶのに迷うほどの豊富なメニューが揃っています!

「楽しんで満足して帰ってもらう」がスタッフの合言葉

驚くべきはドリンクの安さ!麦職人生100円、オリオンドラフト生200円。2時間飲み放題も1000円でやっています。 これならサイフを気にせず楽しめますね。 実際、会計の時には基本的に料金設定を心配されるらしいです。基本的にですよ! IMG_8725 楽しいことが大好きなスタッフは、時にお客さんとの垣根を越えて閉店後一緒に飲みに行くこともしばしば。 そんな気さくなスタッフと、仕切りのない店内で、常に人が入り混じり、 地元客・観光客、それも世代を問わず活気にあふれています。 人と人がつながる、ワイワイと飲みたい方は是非、琉球食King Eillyへ! ※ドリンクのみのオーダーはご遠慮させて頂きます。