一覧ページ

酔竜(すいりゅう)

国道58号線から那覇市松山方面に入ってすぐ。
落ち着く佇まいで地元客で賑わう「酔竜」さんに行ってきました。

入るとホッとする安心する空間

漆喰(しっくい)が施されている壁で落ち着く空間に。
店内はキッチンを囲むようにコの字型のつくり。

まずは入ってカウンター。
IMG_9083
(テレビではちょうどイチローが日米4000本安打を打ったニュースですね)

そしてテーブル席。
IMG_9079

角の方にはどことなくVIPのような席。
IMG_9074

そして奥の方へ行くとまだまだあります。
IMG_9069

おすすめは一番奥の隠れ家風の宴会席。
貸切個室のような雰囲気を楽しめます。
IMG_9073

メニューは超豊富な100種類以上!

酔竜の素敵なところは何と言っても料理の種類の多さ!
メニューに載っているものだけでも100種類を超えます。
その豊富なメニューから組み合わせるコースは、
6品付いて2時間半飲み放題付き3000円からとお得!

宮古島出身の店長が独自ルートで仕入れる旬の魚

店長の島袋さんは宮古島出身。
店長業の他にバイヤーとしても本島と宮古島漁の橋渡しをしています。
カツオや島タコなどの食材を、地元のよしみの漁師から直送で新鮮なまま仕入れます。
時期によって入荷される魚が変わって来るので、毎日どの魚が入って来るか分かりません。
だって旬にこだわっているんですから。海は生き物ですから!
毎日、活きは間違いないですよ!

自慢の料理紹介

古宇利島産ひーじゃー刺身(800円)
IMG_9122

沖縄では伝統の山羊料理。新築祝いなどの場で縁起物としても食べられます。
筆者もいくつかの山羊刺身を食べて来ましたが、ここの山羊刺身は鮮度も抜群でクセがない!
そして薄切りにしてくれているので非常に食べやすいです。
また肉に甘みがあり、噛むほどに旨みが増していきます。
山羊上級者も初心者の方も、喜んでもらえる山羊刺身です。

ポークたまご(600円)
IMG_9124

究極の家庭料理と言っても良いでしょう。
どこの家庭でもどこの食堂でも出てくるポークたまご。
このポークたまごをカルフォルニアロール的な発想でおしゃれに創作!
ひとくちで一緒に食べられるこの工夫。色味の楽しさ。
玉子も半熟でダシの美味しさが引き立たれています。

石垣牛の炙りの握り(1800円)
IMG_9114

これは究極です。究極に美味しいです。旨いです。
よくテレビのグルメレポーターが「口に入れた瞬間もうないです」って言っていたのが見事に体感できます。
口に入れて2~3回噛むと、溶けて旨みが口の中で膨張します。
そして気化した旨みが鼻の中から抜けていくんです。
肉と脂の旨み。そしてワサビとネギのコントラスト。逸品です。

「塩とレモンを絞ると味が変わるんだよ」と島袋さん。

確かに、さっき筆者が伝えに伝えた旨みが塩とレモンの酸味で対比的に浮きぼられています。
肉本来のシンプルな美味しさに感謝。

テテルクーポンでこの石垣牛の炙りの握りが半額に!

「テテル見ました」または提携ホテルに設置されてあるテテル端末からクーポン印刷で、
この石垣牛の炙りの握りが1800円から900円に!
これは皆さんに一度食べてみて欲しい。1000円以下で世界が広がる感動をもらえるんですよ。

その他のメニューももちろん旬なものばかり。種類も100以上。
美味しい料理と美味しいお酒と、店長島袋さんを始めとした気さくなスタッフ。
那覇市松山「酔竜」。あなたの行きつけリストに足しておいて下さい。

【沖縄グルメ】那覇市 沖縄家庭料理居酒屋 みつ子ばぁばの台所

那覇の中心部にやんばる(北部)食材にこだわった美味しい家庭料理屋さんがあることを聞きつけ急行!
期待感いっぱいで向かいましたところ・・・

階段を上がる入り口には世界遺産である今帰仁城跡の石畳が!いざ、麗しきやんばる家庭料理の世界へ。
DSC_0049

店内はダイニングテーブルやカウンター、小上がりの個室や宴会ができるスペースまで、多様なお席が用意されています。
DSC_0019

一体みつこばぁばとは誰なんだ!?

みつこばぁばは沖縄県でも長寿の村として名高い、今帰仁村に住んでいる料理が大得意のおばあちゃん。
実は店長の新城さんの義理のお母様なんです。
仲宗根商店という40年続く商店をやっているのですが、料理が得意すぎてオードブルの注文も入るようになったんだとか。

やんばる(北部)の食材にこだわりを持つ

那覇ではほとんどお目に掛かれない食材もここでは味わえます。
というのも、那覇まで普通は流通して来ない食材を店長自らの運転して運んでいるから。
やんばるの恵みを浴びて目利きされた食材から作られた料理は全部が全部驚くほど美味い!
本来の味と言いますが、恵みを感じられるんです。

中でも特筆すべきは今帰仁アグー。一般のアグーと違い、今帰仁アグーは完全な在来種。
「脂の旨みが全然違いますよ」という今帰仁アグーは、沖縄県北部でもホテルなどのステータスのある場所にしか卸されない代物。
今帰仁村出身の新城店長のルートで仕入れることができる純血の今帰仁アグー。
「那覇の居酒屋で食べられるのはおそらくここだけじゃないですか」

DSC_0037
血統証明書だってあります。

お店で使用される塩はこだわりの屋我地島の塩

近年では、生命の源となるミネラル分となる重要さが注目され、沖縄の特産品としても定着している塩。
たくさんの銘柄があるなかで、この店で採用されているのは、屋我地島の塩。
DSC_0051

屋我地島は沖縄で400年前に始まった製塩の発祥の地。
純白ではなく褐色に見えるのは、天然の鉄分成分が入っているから。全部の料理はもちろん、テーブル塩もこの屋我地島の塩です。

特産品として販売もしています。
DSC_0032

お待たせしました。料理を紹介しましょう!

みつこばぁばの手作り三枚肉煮付け(780円)
DSC_0054

お店の看板メニューと言っても良いでしょう。
砂糖醤油ベースのお酒多めで煮込まれた甘辛い味付け。このお酒までもやんばるにこだわっており、
今帰仁のまるだいという泡盛を使用。始めは甘辛く次にお酒で旨みが引き出されている、
段階を感じられる深い味わいの絶品の一品です。これはとってもご飯が欲しくなる!

「家庭料理の店というのを意識してるから、ラフテーじゃなくて三枚肉なんだよ」
今帰仁村でみつこばぁばが手作りした煮付けを那覇まで運んできているとのことです!

きぼくおじーの手作りソーセージ(780円)
DSC_0076

新しい人が登場しました!その名もきぼくおじーです!きぼくおじーはみつこばぁばのお兄さん。
若いころに南米アルゼンチンに移民し沖縄に帰ってきてソーセージを作っています。
このソーセージのスパイスの配合は店長も教えてもらえることができない完全な企業秘密。

これはっ!粗挽きで肉感があって、異国を感じられるスパイシーさ。ソーセージの概念を
ひっくり返されるくらいのかなりの美味しさです。いや~ご飯欲しい。ビールも欲しい!

今帰仁アグー串塩焼き(680円/2本)
DSC_0062

那覇ではほとんど流通がない在来混血種の今帰仁アグー。それが食べられるという喜び。
シンプルに屋我地島の塩のみでの味付けですが、旨みが凄い!本当に塩だけですか?と聞き返してしまいました。
噛めば噛むほど旨みが増していって美味しさが全く消えていきません!旨みの洪水です。
「東京の串焼き屋なんかで食べると倍近い値段はする」というアグーの中でも最高級ブランドです。

アーサ天ぷら(480円)
DSC_0056

こちらもやんばるの離島、古宇利島から取り寄せているアーサ。
通常イメージするアーサ天ぷらは衣に包まれているものなんですが、このお店のそれは100%アーサ。緑色もとっても深いです。
サクっとした食感で、磯の風味が香り立つ。僕、これとっても好きです。

もずくの天ぷら(480円)
DSC_0061

沖縄本島東海岸の与勝半島のもずくを使用。こちらも極力つなぎは少なめにしており、
外はサクッと中はもずく本来の食感が楽しめます。塩を付けることで海味が増幅されてさらに美味しくなります。

モーイ豆腐(380円)
DSC_0084

沖縄県民でもなかなか聞き慣れない方も多いのではないでしょうか。モーイ豆腐。これこそTHE・やんばる家庭料理です。
手間暇かけて洗ったモーイという海藻を一度乾燥させて、鰹だしなどと一緒に煮込みます。
ツナやグリーンピースを混ぜ合わせ、冷やすと出来上がり。
ゼラチンなどの成分は入っていなく、モーイそのものが冷やすと固まる性質を持っているそうです。
爽やかで涼しげなモーイ豆腐。何個でもいけます。

ジーマーミー豆腐(480円)
DSC_0082

落花生から作られた自家製のジーマーミー豆腐。非常にクリーミーな口溶けで、
口に入れたとたんに広がっていきます。ジーマーミー豆腐だけでなく、タレも手作りなんです。

店長の新城さんは今帰仁村観光協会の理事も務めています!

「沖縄に来てくれた観光客のみなさんには空間や雰囲気を存分に楽しんで欲しい」
そう話していた店長の新城さん。
長年ホテルマンとして観光業に携わっており、その観光に恩返ししたいという気持ちから観光案内も買って出ています。
料理でも、空間でも、会話の中でも沖縄の良さを感じることができる、このみつこばぁばの台所と新城さんの人柄です。

DSC_0107

ゆいレール旭橋駅からもすぐ近く。沖縄家庭料理を楽しむならみつこばぁばの台所へ。

DSC_0093

福州園